バブルブランドを宅配買取で売ろう!

バブル時代に買って使わなくなったブランド品を売るならブランド宅配買取サービスです!

 

ブランド宅配買取サービスというのは、Webから申し込むと自宅に段ボールが届くので、売りたいブランド品を詰めて送料着払いで送って査定してもらうサービスです。

 

  • 着払いだから送料無料
  • 無料査定で金額に納得すれば売る
  • キャンセルしたら無料で返送してくれる

 

つまり送料も査定もキャンセル料もかからず、全部無料で利用できるのです!

 

 

ブランド宅配買取サービスランキング

 

バブルなブランド品を売ってみた

 

断トツで高く売れたのが高山質店でした。

 

バブルブランドを断捨離しようとフェラガモのヴァラ、プラダのナイロントート(B4681、B7351)、ナイロンリュック(B2811)、シャネルのチェーンバッグetcの他に少々新しい(10年くらい前)品も含めて全部で10点ほどをピックアップしたのですが、最初に送ったショップBでは買取不可でした。

 

 

やっぱり古いと需要がないのかなぁ(´・ω・`)ショボーンと思いつつ、送り返してもらってショップGにて査定。

 

このお店では段ボール一箱全部まとめて2,000円というお値段にまたまた(´・ω・`)ショボーン

 

ここもキャンセルしてショップB2に送ったら、ちゃんと1点ずつ査定してくれて合計1万円ちょっと越えになりました。

 

 

他のショップならもっと高くなるかも?と欲が出てたのでここもキャンセルしてR店に送ってみたら、ショップB2よりも査定価格ダウン。。。

 

お店によって格差は大きいです。

 

高山質店ってオシャレなカタカナの名前じゃないし「質店」とか直球ど真ん中すぎて迷ったのですが、買取金額は断トツに高かったので即決しました。

 


バナーもちょっとバブル風味?(笑)

 

おそらく商品を買い取っても再販できないと商売にならないので結果的に安くしか買い取れないのだろうと思うのですが、さすがに高山質店は創業100年の老舗の質屋さんだけあって豊富な販路をお持ちのようで、高く買い取ってもらえたので満足です◎

 

>>価格が違う!宅配買取は高山質店<<

 

このキャッチコピーは嘘ではなかったようです。

 

自分が利用しようと思っている店が、実際の利用者にどう思われているか、取引はどうだったか、などの意見はぜひ聞いておきたいものです。

 

幸い、インターネットで少し調べてみれば多くの口コミ情報を読むことができますから、お店で買い取りを、と考えているところなら、チェックしておいても損はしないだといえます。

 

どこそこのお店で「査定時に数パーセントアップ中」とか「クオカードプレゼント中」などの書き込みが見られたりしたら、急いでその買取店まで査定をうけに行きたくなるというものです。

 

フランスのブランド、カルティエはジュエリーと高級時計で名を馳せ、幾つもの国の王室御用達ブランドとしても知られ、かつてのイギリス国王ジョージ5世からは「王の宝石商、宝石商の王」という賛辞を得たこともあります。

 

それほど目立つことはないかもしれませんが、所有の喜びを深く味わわせてくれるブランドで、そのデザインコンセプトは多彩で、創業時からのものも未だ作り続けている面もあり、カルティエのデザイン性の幅を広げています。

 

また、確かな品質と高い機能性を兼ね備え、超高級品から手の届きやすい価格のものまで取り揃えて世に送り出し続けているブランドでもあります。エレガントで尚且つ、高級感あふれるジュエリーは女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)に大変人気があり、このブランドの婚約指輪、それから結婚指輪を望む人は少なくありませんし、またプレゼントとしても喜ばれますが、人気の高さもあって、買取価格も中々高価だということが、よく知られているからだといえますか、贈られたジュエリーを買取店に持ち込む人も、しばしばいるようです。

 

誰もが知るバーキン、エルメスのバッグとしてでなく、ただバーキンとして非常に知名度と存在感のあるバッグであり、商品が世に出るきっかけになったエピソードなども、伝説の様に語られており、知る人は多いです。商品名のバーキンは、女優でありつつ歌手である、ジェーン・バーキンに由来します。籐で編まれた籠に物をたくさん詰め込んで使っている所を目にした当時のエルメスの社長が、何でも次々に、整理しなくても入れられる、機能性の高いバッグを贈らせて欲しいと頼んだそうで、これが人気バッグ、バーキンの生まれたきっかけになりました。

 

その人気は絶大なものと言っても過言ではなく、よっぽどのことがない限り高額で買い取って貰える可能性は高いです。

 

不要になったブランド品を買取店で売却しようとする時に、保証書であるギャランティカードの有無は大切なポイントとなるだといえます。これは持ちろん、あるにこしたことはなく、例外はありますが、ギャランティカードがないとそもそも買い取って貰えない、と言うことも普通にあります。とはいえ、そういったものがついていなくても、ミスなく本物であるとお店で鑑定されたなら幾分か安い値段になるだといえますが、買い取ってくれるところもあるようです。
買い取りの時にギャランティカードなどの保証書が必要とされる品物について買取店が立ち上げているサイトなどを見ればけい載があるだといえますから、参考にしましょう。ただ基本的にはは新品で購入した時、商品についていたものは取っておいた方が良いだといえます。買ったブランド品をどうするかは自由です。

 

 

長く使い続ける人もいますが、使わなくなったら売却するため業者を利用するつもりでいる人もいるだといえます。そんな風に思っているなら、以下の事に注意しておきましょう。ブランドによる品質保証書であるギャランティーカードと、商品そのもの以外の付属物、外箱や保護袋などは丸ごと捨てたり紛失したりしてはいけません。

 

 

 

保存を心がけてください。買取業者の査定をうける際、これらがあるかないかで、大聞く結果が変わることもあるからです。

 

 

中でも、最も重要なアイテムがギャランティーカード、すなわち保証書であり、これを付けていない場合は商品価値は大聞く下がります。
最初から取引してくれないこともあり、ブランド品そのものは持ちろん、購入時の付属物についてもぜひ、大切に扱うようにしましょう。お礼とかお祝いを兼ねて、知人からプレゼントされたロレックスの腕時計があります。不相応かも?と思える程に良い物で、フォーマルな場面などで使っていましたが、自分で選んだ時計を使うようになると、ロレックスもあまり使わなくなりそして全然使うことがなくなったのですが、まだまだきれいな状態で、置いておくだけではどう考えても勿体な指すぎますから、その価値をわかってくれそうな、ブランド品買取店に持って行き、売却しようと考えました。

 

鑑定士がプロの目で状態をチェックし、一方でその商品の市場における人気の具合など各種の理由が影響しつつ買取価格という結果が出ることになるそうです。
元からあった箱と入れっぱなしだった保証書も付けて、それから、一応これだけ貰えたら嬉しいな、と思える金額を伝えてから、査定して貰うことにしたのでした。1952年、ギャビー・アギョンが興したクロエは世界的なファッションブランドの一つで、本店はフランス、パリにあります。

 

高級感のある、複雑で手の込んだデザインでありつつ、気軽な装いにもよく合い、どちらかといえば、若い世代の女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の人気が高いです。
クロエが世界的ブランドとして名声を得るようになったのは、名デザイナー、カール・ラガーフェルドがヘッドデザイナーとして就任したことが、発端となったようです。クロエの製品を買取店で可能な限り高い値段で売却したい場合は、店をいくつか巡って商品の査定をして貰い、適正な価値を見いだしてくれる店を捜すと高価買取への道です。

 

 

プラダの系列としても知られるミュウミュウは、ミウッチャ・プラダが、興した新しいファッションブランドであり、幼少の頃の愛称がブランド名の由来です。

 

 

設立後、まだ20数年という新しさですが、強い個性と、革新性、斬新さを目さそうとするデザイナーのミウッチャ・プラダの想いやポリシーが表わされているデザインで、若い世代の間では人気が高いのです。プラダの姉妹ブランドと言うこともあって、ミュウミュウの強化買取を実施している中古買取店もあるらしく、人気も需要も高いということが窺えます。買い取りを要望する品物の数がとても多かったり、または持ち運べないものだったり、家を空けることが滅多にできない、といった場合、ブランド買取業者の出張サービスを使うのが、最も合理的だといえます。

 

 

大きめのもの、例えばスーツケースやボストンバッグ、壊れやすいものなどを買い取って欲しいというむきが必要に応じて利用し、なに知ろ便利なこともあって、評判は良いようです。
商品のあるところまでスタッフに出向いて貰い、そこで査定をして貰います。査定額が出て、特に問題がなければその料金をうけ取ります。

 

ただし、女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)が一人で住んでいるため、男性が自宅に入ってくるのは好ましくない、等といった事情があるなら、同性のスタッフに出向いて貰うよう先に言っておくと、配慮して貰えるだといえます。買取業者に手持ちのブランド品を売却しようとする際、まずどこの業者を利用しようか、というところから迷ってしまうかもしれません。そんな時に一括査定というオンラインサービスを使うと、スムーズに事を進められます。

 

何という商品でどこのメーカーなのか等、売りたいブランド品の情報を書き込んで査定の申し込みをするとその情報によっていくつかの買取業者が査定を行ない、買取の値段を知らせてくれるので、店舗をいくつも巡らなくてもどの業者ならいくらで売れるのか知ることができるので、大変効率的です。

 

 

 

それから、もしも査定に疑問や不満があるのなら売買は中止ということで、ただ売らなければいいのです。フェラガモは正式名称を「サルヴァトーレ・フェラガモ」といい創業したデザイナーの名前です。若いころから靴一筋で、大学で解剖学を学んでまで靴の履きやすさを追求しようとした真摯な職人です。

 

その品質の高さ優れた機能性によって名を高め、人気はとても高いです。

 

 

 

フェラガモといえば靴、というのはその通りなのですが、それに加えてバッグ、財布などの商品も出してきて、パリコレその他のコレクションにも参加して立ち位置をトータルファッションブランドとして、確立指せつつあります。

 

 

履かなくなってしまったフェラガモの靴を持っていて放置しているだけなら、大変もったいないですから、ブランド品買取店を利用してみてはいかがだといえます。商品の数が多いなら、お店から来て貰える出張買取を利用すると良いですね。

 

 

家に保管してあるだけの、要らなくなったブランド品を専門の業者に買い取って欲しいけれど、簡単に訪ねて行けるところに、こういうお店が存在せず、お店に売りたい品物を持って行く時間もないかもしれません。そういう人は多いだといえます。お店がない、遠い、そういう時には宅配で買い取りをしてくれるお店を捜してみましょう。
検索すればすぐ見つかります。
そのお店のHPなどを見ると詳しいやり方が書いてあるはずですが、買い取りを要望すると、専用の宅配キットが送られてきますので、それに売却したい商品を梱包して送付し、お店側はうけ取ると梱包をといて品物の査定を行ないます。それから査定額の通知があります。

 

 

 

その金額で特に問題がないなら、商品の料金が振り込まれることになるだといえます。すべての過程を在宅で行なうことが可能です。物の価値というのは難しいものです。特に中古ブランド品の価値に関しては、人気によっては高値が付いたり、元の値段からは考えられないほど低い値段になったりと簡単には判断できない場合が多いようです。

 

 

不要になったバッグなどのブランド品に、びっくりするような高い価値があったりすることだってあり得るのですから、油断できません。

 

 

 

売買が成立するかどうかはともかく、「売ってもいいかな」と思えるようなブランド品があるなら、試しに査定をうけてみましょう。単なる中古ブランド品だったはずなのに、思わぬ理由で高い値段がつくような物に化けているかも、と思うと楽しいですね。元々はニューヨークマンハッタンにある、高級皮革製品の会社だったコーチですが、皮革製品メーカーからファッションブランドへの転換やその後の経営の成功により、世界的ブランドとしての道を進みました。ご存知のように日本においても人気は高く、バッグや財布に効果的に配された親しみやすい「C」の柄はすっかりおなじみのデザインとなっております。
人気もあり、パターンがよく知られて真似がしやすいのだといえます、偽物が多く、購入は正規店に限った方が良いのですが、そうしないなら本物かどうか気をつけてください。

 

購入したものが偽物だった場合、ブランド品買取店で取り扱ってくれることはないはずです。
ニューヨーク生まれのブランド、ティファニーは1837年の創業で、宝飾と銀製品で名高いブランドとして、誰もが知るブランドの一つです。宝飾では特にネックレスやリングなど、ダイヤモンドの製品に人気が集まっています。ですから、結婚指輪として、また婚約指輪にティファニーを持ちたい、と望む人が大勢います。

 

そして、どちらかというと女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)に親しまれ、なじみのあるブランドと言えるだといえます。不要になったティファニーのアクセサリー類などを、買取店に持ち込もうと考えたなら、あらかじめ、インターネットでその商品の相場がどれくらいなのか調べ、さらに店は複数当たって価格がいくらになるか尋ねた方が良いだといえます。
というのも、店ごとに価格差が大きい可能性もあるからです。

 

ブランド品を売却したいと思っても、どこの業者に買い取って貰えば一番得になるか判らなくて困るという場合は、買取業者による査定額をくらべられるという、便利なサイトがありますので、参考にしてみてはいかがだといえますか。

 

 

サイトを訪れ、ブランド名や商品名など、売却したいブランド物の情報を入力、送信すると、その情報を元にして出した仮の査定額の情報が、いくつかの業者から得られます。
そうして、金額をくらべてどこにするか選べますから、できるだけ高い価格で売却したい、と考える人からするとなくてはならない仕組みかもしれません。こういった一括査定の申し込みに料金はかかりませんし、何か問題があれば、売るのをやめておくだけですから、あまり構えずに、気楽に使ってみると良いだといえます。

 

 

 

手持ちのブランド品のうち、この先使う予定のないものはありませんか。
そういった品物はブランド品を専門に扱う買取業者に買い取って貰うのがお勧めなのですが、その際に役に立つちょっとしたコツのようなものがあるので御紹介します。まず便利な方法としてよく知られているのが、一括査定サイトという、オンラインサービスを使うことによって品物に可能な限り高い値段がつくようにします。

 

 

サイトから一括査定を申し込んで、複数の業者から査定額を出して貰い、一番高かった業者を簡単に見つけることができる訳です。そして実物の査定をうける前にはぜひ、品物をきれいにしておくことを心がけましょう。
ですが必要以上に熱心に、擦ったり拭いたりすると汚れが落ちても、小さな傷がつくことがあるため、そっとホコリ取りをし、乾いた柔らかいウエスで拭いてあげると良いだといえます。特に若い世代からの支持が熱い、ヴィヴィアン・ウエストウッドは1970年代のロンドンで生まれたファッションブランドです。

 

 

前衛的、などと評されることの多いデザインですが、そこには上品さ、かわいさといったテイストも見られ、製品にあしらわれるロゴマークも人気があり、これは王冠と地球をモチーフにした宝玉とされています。服飾中心のブランド、という印象があるかもしれませんが、バッグや財布といったものからアクセサリーに靴、ベルト、それから時計や小物の類まで色々揃っていて、コレクターにとっては集める楽しさがあるだといえます。
このブランドは、日本国内でも人気は高いのですが、買取店においてその商品は高い値段での買取対象となるものと、ならないものがあるだといえます。

 

熱心なファンやコレクターも多いバーバリーは、コートとバーバリーチェックで有名なファッションブランドで、イギリスが発祥の地です。服飾の印象が強いバーバリーですが、持ちろんそれだけのことでなく、アクセサリーやバッグや香水、小物類など手広く商品を扱ってはいるのですが、かつては軍服や極地探検家たちもその身にまとった程、過酷な環境に強く、品質と機能を誇る至高のトレンチコートが一番の人気商品であって、コートがどんな状態なのかによるものの、買取の際には相当の査定額が出る可能性があります。
すっかり押入の肥やしになり、この先使う予定もないブランド物などは、置いておくだけ無駄でしかありません。

 

 

 

以前であれば質屋に持ち込む人も大勢いましたが、ここのところテレビCMや広告などでも名前を知られるようになった買取業者がありますが、こういうところが手持ちのブランド品を売却したいと考えているのだったらとても役に立つはずです。
なに知ろ、ブランド品を持って直接店舗に足を運ぶという手間をかける必要なく、品物をまとめて店に送り届けることで、査定をうけられます。そして万が一、業者のつけた値段が満足のいくものでなかったなら、品物の発送料や査定にかかる手数料要らずでその通りブランド品が戻ってくるところが殆どでありうまく利用するなら、相当お得な話だと言えるだといえます。世界初の旅行鞄専門店としても知られるヴィトン、160年ほどの歴史を持ち、今では世界中にファンを持つ巨大なファッションブランドです。余談ですが、ルイ・ヴィトンというブランド名は創業者の名前です。ルイ・ヴィトンといえば、言わずと知れたモノグラムだといえます。

 

 

モノグラムとは文字を組み合わせたマークのことですが、LとVの、ヴィトンのトレードマークともなっている柄はすべてもれなくヴィトンであると誇らしげに主張しているかのようです。

 

このブランド愛好する人の世代は広く、定番商品などの人気はつづいていますが、しばしば発表される新作、購買欲をくすぐる限定品を好む層もいて、それらが出ると、以前買った製品をブランド品買取店で買い取って貰い、新製品を買う資金の足しにする、といったことをする人も少なくありません。

 

 

イタリア人グッチオ・グッチが創業した、後にグッチという名を冠するブランドは1921年に生まれ乗馬に着想を得たというエピソードを持つ、高名なイタリアのブランドです。

 

ラインナップを見ていきますと、各種バッグや靴、お財布などおヤクソクの革製品は当り前として、フォーマルからカジュアルまでのウェア、フレグランス、アクセサリー、腕時計、等々と多岐にわたって充実した品揃えを誇り、ブランドの特徴の一つとなっているのです。歴史を辿ると、ビッグネームらしい、大長編のドラマのような変遷を見せていますが、ブランドの柱をなす、幾人ものデザイナーの手が仕事をこなしてきました。

 

有名なところではトム・フォードなど。
ちなみに現在のクリエイティブディレクターはアレッサンドロ・ミケーレです。

 

 

 

根強い人気を誇るそんなグッチの商品なら、買取店はどこでも喉から手が出るほど欲しいですから、好待遇が期待できるだといえます。
もう使わなくなったブランド品を、買取業者に売却しようと考えたならその前に、買取に関して書き込まれた口コミを捜してざっと読んでおくと、色々なことを知ることができます。
例えば利用しない方がいい、大勢の人から悪く思われている業者などを、理由も含めて知ることができます。また、買取金額の決定にあたり金額を下げる方向に必死になる業者のことやどういった品物であっても買取金額が安すぎる、といった業者の口コミ情報などが色々と得られ、お店選びの際には、すごく参考にできるだといえます。

 

売買をスムーズに、しかも可能な限り有利に行ないたい場合にはちょっとしたリサーチも必要となってきますから、手間を惜しまないようにするのが賢明です。腕時計に関しては、他のブランド品とは少し、買取店での取り扱いが違っています。
以前であればグッチやシャネルの超高級品であっても、ちゃんと作動していないとどこの買取店でも買取不可、という場合が多かったのです。今ではしかし、状況はすごくはっきりと変わってきています。随分前に針が止まってしまっているものや、擦り傷があったり、ベルトの金具が取れているなどの、そう軽くはない損傷をうけているものであったとしても、ブランドの高級品という条件さえクリアしていれば取り扱いをしてくれる、そんな買取店が今や大半を占めるようになってきました。

 

ただし、故障の具合によっては取扱不可となる場合もあります。

 

買取店でブランド品を買い取って貰う際の、その商品の買取価格なのですが、価格が違ってくる大きな要因として、商品が新しいか、それとも使い古されたものか、ということがあります。

 

むろん、新しい商品の方が古いものよりずっと良い価格になるのは至極真っ当なことだと言えるだといえます。

 

 

 

使い込まれた感じが少しくらいあったとしても極端に古いものでない限りは、買い取って貰える事が多いためすが、新品同様とはいかなくても、できる限りこざっぱりきれいにしておく必要があるだといえます。

 

目に付く汚れがあれば拭き取って、やわらかい布でや指しく全体を磨いておくのも良いだといえます。

 

バッグや靴でしたら、中のゴミやほこりも取ってしまって、なるべく美品にして、査定額が良くなるようほんの少し、がんばってみることも大切です。エルメスはイギリスで産業革命が進んでいた頃、パリの馬具工房として誕生しました。1837年のことです。
丁度、革新の時代が迫っており、とうとう自動車の普及まで起ころうとしていました。

 

 

先見の明をもって、馬車の時代が程なく去ることを知ったエルメスは、馬具工房で培った皮革加工の知識と技術をいかんなく発揮して、バッグや財布を扱う事業に主軸をずらしていくことにより、歴史の波に消えていたかもしれないポイントを乗り切り、老舗(代々家業を継ぎ、同じものを商っているお店をいいます)ブランドとして今もなおつづいているのです。誰もが知るハイブランドであり、一生ものとして手に入れたい、と考える人も多いようです。使用していくにつれ、もし飽きたり、使いたくなくなったらぜひ、相当高い金額での買取となるだといえますから、一度査定をしてみてはいかがだといえますか。

 

 

買い取り商品を選ぶ業者、つまりお店にとって良い商品、売れる見込みのある商品のみ仕入れようとしている買取業者では、少し古めの商品や、今では作っていない型落ち製品などは買取店として取り扱いを拒否されるケースが多いようです。
こうした店で買い取りを拒否されたような商品を売りたいなら、買い入れの時、あまり商品に頓着しない、例えばギャランティカードすらなくて持つべこべ言わず、買い取りを引きうけてくれるお店を利用するのが良いだといえます。
なんでも買い取ってくれる反面、買取額が総じて低いという難点もありますから、手持ちの商品を全部買い取りに出すようなことはしないで、高額買取の見込みがありそうな物が混ざっているなら、それは違うお店を利用して、売却した方が良いです。

 

中古ブランド品の買取店にとっては、高額買取になる可能性がきわめて高いプラダは、ミラノでマリオ・プラダとフラテッリ・プラダの兄弟がつくったご存知、イタリアの誇る高級ブランドです。創業当初の店は「プラダ兄弟」という皮革製品を売る店であり、高い品質の商品を作り、王室のご用達となったのです。

 

 

 

その後プラダ衰退の時代が来て、3代目オーナーにミウッチャ・プラダが就任すると状況が好転、ブランドコンセプトを「日常を贅沢に飾る」として合理的で巧みな素材の使い方と、デザインの斬新さによって、大きなブームを起こしました。持っているだけで使う機会のなくなったブランド品はありませんか。

 

価値は下がって行く一方ですし、場所持とりますから、いっそ売ってしまいましょう。

 

さて専門の買取業者に売ろうとする場合は、可能な限り良い値段をつけて貰いたいところです。

 

ところで、買取業者がブランド品につける買取価格というのは、業者ごとに違うのが普通です。

 

利用する側としては、買取価格がどこよりも高いところを探さなければいけない、ということになるのです。

 

 

 

でも、そう難しくはないので、安心してください。一括査定サイトという、正にこうした事態に対処するためのシステムを便利に使えば簡単に、何社かの査定額がわかるだといえます。

 

査定は無料でサイトから申し込めますので、気軽に利用してみてはいかがだといえますか。

 

勉強中の学生さん・・・などの若い人がブランド品を使いこなしている光景も、そう珍しい物ではなくなってきましたが、所持しているブランド品を、ブランド買取店で売却することは年齢によってはできないことがありますので、注意してください。
買取店によって少しの違いはあるようで、未成年(20歳未満)は取引不可、というシンプルな所やサインの入った保護者による同意書の類を用意できれば良い、ただし18歳以上であることを条件とするお店もあります。未成年の人が、買取店を利用しようと考えているなら、そのお店の情報、特に年齢制限のところなどは確認をしておくべきだといえます。